2020年6月1日の日記

昼、私用で鶴舞公園の近くへ来たのでちょっと立ち寄りました。

ベンチに腰掛けると、鳩がやって来ました。
鳩は、私が腰掛けたのと同じベンチの端に乗っかって目配せしている。
その目は「お昼を一緒に食べようよ」と言っているように見えました。
鳩はきっと、私が食べ物を持っていて、自分に分けてくれるかもしれないと思っているでしょう。
私はコンビニで買ったペットボトルを取り出して鳩に見せた。ジャスミン茶です、と。
そして「私はこれしか持ってないので、どうかほかを当たって欲しい」という意味の、下手なテレパシーみたいな気持ちを送りました。
でも鳩は諦めなかった。うろうろして、目配せした。
「そんなことないよ。お昼を一緒に食べようよ」と言っているように見えました。
そんなことないも何も、私は本当に食べ物など何も持ってなかったので、その後はもう鳩をそっとしておきました。
でも鳩は諦めなかった。身を乗り出して、目配せした。
「そんなことないよ。ね?お昼を一緒に食べようよ」と言っているように見えました。

目配せする姿はかわいいので、私はスマホのカメラ機能を立ち上げて鳩に向けました。
それに対して鳩は「ううんそういうのはいらない。お昼を一緒に食べようよ」と言っているように見えました。
私はとにかくもう鳩をそっとしておきました。

鳩はしばらく私の視界の端でうろうろすることを繰り返しつつも、やがて去りました。
ほっとして顔を上げると、しかし別の鳩が目配せしていました。
「そろそろお昼を食べますか?」と言っているように見えました。
私は少し疲れを感じて、今度はもう最初から鳩をそっとしておきました。

ときどき当然通じ合えないものです。