解説

1、きいろの戸口について

  • きいろの戸口というのは屋号で、作者は岩田智代です。
  • 絵/短い話/雑貨を作っています。
  • 紙雑貨の印刷は印刷社さんに、布雑貨の縫製は仕立て屋さんにお願いしています。
  • 名前と商品タグだけが黄色です。わけは一番最後をご覧ください。
  • 出店や委託販売などでお世話になっています。
  • ネットショップはこちらです。
  • ときどきささやかな個展をしたり、グループ展に参加させていただくことがあります。
  • ブログtwitterinstagramFB(Instagram連動)を利用しています。
    余談が多いブログがメインです。

2、お問合せはこちらまでお願いいたします

mailアットkiironotoguchi.net


3、岩田について

  • 1983年11月生まれ
  • 東海地方在住
  • 主な使用画材は墨汁/アクリル絵具/面相筆/
  • 名古屋デザイナー学院ビジュアルデザイン科卒業
  • 平成20年に三重県菰野町の鴎游舎ギャラリーで初個展
  • そのほかの展示について展示の記録に一部掲載しています

4、きいろの戸口の名前の理由について

注意を表す色が黄色なので、この名前にしました。

私は身の回りにふつうにあるものごとが好きで、よく描きます。
それは例えば何かと具体的に言おうとすると、私は習慣も環境も変わっていくことがふつうだと思っているので、それは実は不定です。
でも私が描くモチーフが、そのときの私にとってありふれていることは固定されています。
ときどき地球上にはないものも描きます。私の頭の中にあるものも、私としてはふつうにあるものの一種なのでそうなります。

そうして描いたものを発表することで、私は私のふつうをお客さんにお渡ししています。
これを私は奇妙なことと呼んでいます。
そして私は、お客さんにそうしてお渡しできただけでほぼ満足しています。
でもそう言いつつ、その奇妙さや私達のふつうの中にある不思議さとおもしろさに気付いてほしいと身勝手に思うことがときどきあるので、屋号として注意を促す色を選びました。

こんなところまでお読みいただきすみません。ありがとうございました。