絵と文26/「満月うつしの池」2018年

ある森の広場に深夜、突如現れるまほうの池は
満月うつしの池と呼ばれる光の池です。

もしも、あたたかい太陽の光にあたっても治らない特殊なきずがあったら
この池につけるか、つかるといい。
月が地面にうつることによってできるこの池は、つまり太陽の光の池なのだけど、でもそれとすこし違う。
あたたかくない。
でもつめたくもない。
きっと治る。

ただし、ここにつけても、つかっても「治らない」と 言う 場合
そのきずはすでに治っているものか、
必ず自分で治せるものに該当するという。

これは優しくてすこし厳しい、まほうの池です。


このこわい池には、私なら見つけてもつからないと言うかつかれない。

てのり(イワタノリエ)×きいろの戸口/2人展
「チュウリの森」at カフェペタル より

サイズ/254×203mm
画材/水彩紙、墨汁、アクリル絵具
譲渡済


11か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA