2020年3月13日の日記

先ほど、何年ぶりかにアニメ・アンパンマンを見かけました。
その中で

・バイキンマンがこれほどまでに長く基地まで構えて小悪党を続けているのに、今お腹がペコペコであること。

・バイキンマンがシチューおばさんというキャラクターの姿を見かけて
「シチューおばさんだ」とは言っても
「シチューばばあだ」とは言わないこと。

などの点から、私は何とも言えない感覚を覚えました。
この感覚はもしかしたら、離れて暮らす息子や孫の姿を見た気持ちに近いかもしれません。
(てきとうに言ってすみません)