絵と文24/「コップの夏」2015-18年

この夏私はコップの中にいた。
しずかな部屋で過ごした。
すこし疲れていたからだ。

毎日絵を描いた。
麦茶をたくさん沸かした。
ときどき手紙を書いて、瓶に入れてコップの水に落とした。
トウモロコシはきれいに食べた。
一人で悪口を言った。
キジバトの鳴き声ばかり聞いた。
遠くのともだちの夏をこっそり見た。
夜になると火星を確認した。

ある日、丸い空を横切る凧を見つけた。
その尻尾が見えなくなったとき、私はここから出たくなった。
コップの塀は割と高い。
残念ながら、私は今からすこし努力して跳ぶことになるだろうと思う。


絵は「浄水塔付きマグカップ」2015年(個展「誰かの部屋展示室」より)
サイズ…150×150mm
使用画材…紙、アクリル絵具、墨汁