解説

1、ときどきお尋ねいただくこと

  • きいろの戸口というのは、作者が作品を展示・販売する際に使う名前で、屋号のようなものです。
  • ささいな奇妙をお渡しする、というテーマで 絵/短い話/雑貨を作っています。
  • 見た目はきいろくありません。
  • 作品の一例は作品紹介ページをご覧ください。
  • 出店や委託販売などでお世話になっております。
  • お取扱店舗さまはこちらです。
  • ネットショップはこちらです。
  • 紙雑貨の印刷は印刷社さんに、布雑貨の縫製は仕立て屋さんにお願いしています。
  • ときどきささやかな個展をします。
  • グループ展に参加させていただくことがあります。
  • 東海地方在住です。

2、情報について

  • 最新情報はブログtwitterinstagramfacebook(Instagram連動)で発信しています。
    余談が多いブログがメインです。
  • 何かございましたら下記アドレスまでお問合せください。
    mailアットkiironotoguchi.net

3、作者は

  • 岩田智代です。
  • 1983年11月生まれ。
  • 使用画材は主に墨汁/アクリル絵具/面相筆
  • 名古屋デザイナー学院ビジュアルデザイン科卒業
  • 平成20年に三重県菰野町の鴎游舎ギャラリーで初個展
  • その他の展示について展示の記録に一部掲載しております。
  • 好きなものごとは質素なものごとです。

4、きいろの戸口の名前の理由について

私は展示販売させていただくことで、目に見えない奇妙をお客さんにお渡ししています。そしてお渡しできただけでほぼ満足しています。
でもそう言いつつ、その奇妙の詳細に気付いてほしいと身勝手に思うことがときどきあるので、名前をきいろの戸口にしました。黄色は注意を表す色だからです。

これ以上はどんどん長くなるので割愛します。
こんなところまでお読み下さりありがとうございました。